Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現金化選びの比較ポイント・口コミ

最近、クレジットカード現金化のトラブル事例が増えています。

現金化業者を選ぶ際には、次の3つのポイントにご注意ください。

1.本当にお金を振り込んでくれるのか?

最近は悪質な業者も増えてきいます。中にはお客様側でクレジットカード決済の手続きが住んでいてもお金を振り込まず、そのまま連絡が取れなくなる業者もいるようです。

このような業者に「きちんとお金を振りこんでくれますか?」と聞いても、「大丈夫です」としか答えません。

万一、振込みが無く、業者へ連絡も取れなくなった場合は、クレジットカード会社へ「購入した覚えの無い請求が、明細書にある」と訴えましょう。

最近は、ネット上で利用明細が確認できるカード会社も多いので、直ぐに連絡をした方が良いでしょう。

クレジットカード会社にもよりますが、このような不正利用の場合、一定期間内(カード会社にもよりますが、大体30~60日以内)に届出があれば保障される(請求されない、又は来月に相殺される)ようです。

但し、クレジットカード会社へは、あくまでも「見に覚えのまったくない請求」だと言い張りましょう。間違っても「クレジットカード現金化をした、、」なんて正直に話してはいけません。直ぐにカード解約になってしまいます。

届出をすれば、カード番号も変えてくれますので、悪用される心配もなくなります。

2.ホームページに表示された金額どおりに振り込んでくれるのか?

現金化業者が増えたことにより、業者間の還元率(キャッシュバック率)競争が激しくなっています。

モラルのないショップは、ホームページで表記している還元率が非常に高いのに、お客様の銀行口座にお金を振り込む時になって、「消費税」「振込手数 料」「カード決済手数料」などの手数料を差し引くと言い出し、実際に振り込まれる金額はホームページ上の還元率よりも20%以上低い!という信じられない事があるようです。

現金化ショップを選ぶ際には、ホームページに記載されている還元率を鵜呑みにせず、面倒でも一度電話をかけて、「10万円決済したら、いくら振りこ んでくれるの?」、または、「15万円必要なんだけど、いくら決済したらいいの?」と金額ベースで確認したほうが良いでしょう。

できればメールで証拠が残るようにするのが良いと思います。

4.現金化した途端にクレジットカードを止められない?

クレジットカード会社は、クレジットカードで購入した商品の支払いが終わる前に商品を転売してお金に替える行為を禁止しています。

この換金行為の中で、クレジットカード会社が昔から目を光らせているのが、新幹線回数券をクレジットカードで買い、チケットショップに転売する方法です。

日本国内でカード決済を行うと商品名までカード決済会社に伝わるので、今まで新幹線回数券を買ったことがない人が、現金化ショップで言われるままに 高額な新幹線回数券を大量に買うとすぐにクレジットカード会社から電話がかかってきて、新幹線回数券の使い道を問い詰められ、クレジットカード会社へ納得する説明ができない場合は、「換金目的で回数券を買いましたね」と決め付けられてクレジットカードを止められることになります。

新幹線の回数券、旅行クーポンをクレジットカードで買わせて、換金ショップで買い取るタイプの現金化ショップは注意が必要です。

現金化業者を使わない裏技体験談はこちら


クレジットカードの現金化をしようと考えています。比較サイトや知恵袋を参考に...

皆さん、おはようございます!

さて、今日はYahoo知恵袋からピックアップしてみました。

-質問-
クレジットカード現金化をしようと考えています。比較サイトや知恵袋を参考にして現金化の会社さんに電話してみたのですが、
HP上の還元率と実際の%にあまりの違いがあるので戸惑っています。

実際に1番高い還元率の会社はどこなんでしょう?
現金化の経験がある方、詳しい方がいらっしゃいましたらアドバイスを宜しくお願い致します。

-回答-
>>HP上の還元率と実際の%にあまりの違いがあるので戸惑っています。

その状況、よくわかります。
現金化の業者さんはHPでは95%換金とか書いてありますが、
いざ申し込んでみると手数料が高く振り込みの段階になると70%前後になります。
自分も結構前から利用していますが、比較系サイトは結局のところ上位ランキングを「買う」という広告なのでアテになりませんよ。
比較系サイト等は意図的に順位が操作されています。1位の枠はいくらと金額決まっているため、お金を多く広告社に支払った業者が1位になりますので、実際の評判とは大きく異なるのでご注意を。また、知恵袋にもありますが、URLに数字やアルファベットが乱立しているものも広告収入を目的とした書き込みなので全くアドバイスにはなりません。
(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)

それでは、また!!

現金化業者を使わない裏技体験談はこちら


クレジットカードの現金化、ショッピング枠の現金化について質問です。

みなさん、お元気ですか?

それでは、
今日も以下の情報を拾ってみました。

クレジットカード現金化ショッピング枠現金化について質問です。


小さい会社でありますが経営しております。
震災の影響もあって仕事が激減し毎日知人に声をかけたりひたすら資金繰りをしております。
月末の支払いが多く、現状で取引先に支払いも遅れており今月末も支払いが困難な為、クレジットカード現金化を利用しようと思ってます。そこでいくつか分からない事があるのですが教えてください。

①キャッシュバック・還元率というものはそのまま振り込まれるということですか?

②街の金券ショップでクレジットカード現金化するよりお得ですか?

ショッピング枠現金化をすることでクレジットカード会社利用停止になりますか?

クレジットカード現金化業者がもの凄いありますがいわいる悪徳業者もありますか?

クレジットカード現金化で騙された人いますか?

⑥その後勧誘電話やダイレクトメールなどはきませんか?

⑦まとまったお金が必要ですが、どこまでの金額が可能でしょうか?

⑧当日の振込みは可能ですか?

⑨Yahoo知恵袋でも複数社のクレジットカードの現金化・クレジットカードのショッピング枠現金化・チケット高価買取?など
ありますがきちんと付き合える業者はありますか?

⑩銀行も消費者金融もどこも相手にしてもらえてない状況ですが他に資金繰りの方法があるもしくは実際にやった方はいます か?

⑪法人・個人どちらのクレジットカードもありますがどちらがいいですか?

⑫私ともう一人の小さな会社ですが妻にばれるような事はありますか?

長くなってしまいましたが今月末の支払いはなんとかできないと今後取引先の信用もなくなり状況が悪化するのは目に見えます。
自分なりにはできる事はしたつもりですが他に案がありません。
同じ境遇に過去あった方からもご意見いただきたいです。

クレジットカードの現金化とはあまりいい事とは考えませんが月末の支払いで頭がいっぱいで夜もあまり寝られません。
なんとか現状を打開したいと思います。

よろしくお願いいたします。


- 回答 -
クレジットカードの現金化の利用についてですが、最近では中小企業の経営者さんが多いみたいです。
金額によるかと思いますが友人知人にもう一度あたってみるかノンバンクにあたってみましょう。
消費者金融で増額の申請、不動産があれば担保融資、生命保険会社も融資してくれる場合もあります。
クレジットカードの現金化業者を使うとカードの利用停止になる事もありますのでご注意を
http://www.jcb.co.jp/goriyou/teguchi.html#007 (JCBカード)
私も以前会社経営をしており同じ様な状況になりました。その時一度だけ行った方法ですが個人のカードで買い物をしてすぐに売却しました。法人のカードだと固定資産やなんやでいろいろめんどくさいと思いましたので。
詳しくは家電を購入して売却するというやり方です。大手家電量販店でも買い取りをしているお店もありますが同じ率でかつ来店不要でしたのであの時は助かりました。
最近景気の煽りなのかクレジットカードの現金化業者も増えているみたいですがなかには会社の実態が無いいわいる幽霊会社もあります。そういった業者だと振込すらしてこない、振込金額が違うなどトラブルもあるようです。実在する業者なのかしっかり確認する必要があります。会社のホームページに住所が記載されて無い場合は騙されることもあるでしょうから。

いずれにしろまず他の方法を前提に考えましょう。質問者様の状況を考えたら一時的なその場しのぎにか思えません。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)

それでは、また!!

現金化業者を使わない裏技体験談はこちら


クレジットカード現金化詐欺に騙されないように

クレジットカード現金化で優良サイトを選ぶ場合に
比較する一つのポイントとなるのがキャッシュバック率です。

クレジットカード現金化で利用者は現金を入手することが目的なので、
キャッシュバック率が多ければ多いほど良いと考えていると思います。

しかし、それは間違いで詐欺を行う業者に十分に注意し見極める事が重要です。

比較的優良な会社はキャッシュバック率が7割から8割に集中しているようです。

クレジットカード現金化で9割以上の会社は、
まず最初に詐欺を警戒した方が良いかと思います。

もちろん該当する全ての業者がそうであるとは、限りませんが、、、

クレジットカード現金化に限った事ではありませんが、
どんなサービスでも適切な価格というものがあると思います。
キャッシュバック率が9割以上では、業者側にはほとんど利益が残らないはずです。

キャッシュバック率と詐欺にはくれぐれもご注意して下さい。

また、詐欺ではなくても手数料などがかかり、
最終的には7割程度になる場合も多いので、
クレジットカード現金化を行う際には手続きのときの電話で必ず、
実際に振り込まれる金額を確認するようにしましょう。
出来れば、メールで証拠が残るような形で金額を確認できるとベストだと思います。

現金化業者を使わない裏技体験談はこちら


現金化業者の東京都公安委員会許可の表示

「クレジットカードのショッピング枠を現金化」する営業を行う者に対する東京都公安委員会許可について

インターネット上や街中で比較すると「あなたのクレジットカードのショッピング枠を現金化」、「東京都公安委員会許可の優良店」などの表示が見られます。
しかし、現行法上、「クレジットカードのショッピング枠を現金化」することに対して許可を与える制度はなく、東京都公安委員会では、このような営業に対しての許可は、出していません。

東京都公安委員会の許可が必要な営業のうち、「30」で始まる12桁の許可番号は、古物営業許可又は質屋営業許可のほかにないことから、この種のサイト等に表示されている公安委員会許可や許可番号は、「古物商許可」の意であると推測されます。
 つまり、

○いずれかから品物(古物)を購入し、それをお客に販売する(クレジットカードで自社商品を購入して貰う、いわゆる「キャッシュバックサービス」を行う業者)
○お客から品物(古物)を買い取って、他に転売する(指定する商品をクレジットカードで購入してきて貰い、それを買い取る業者)

という営業形態であれば、古物の売買を行う部分が古物営業に該当することから、古物商許可を取得していると推測されます。

また、古物商許可は、その営業内容が優良であることを保証するものではありません。

紛らわしい表示をしている業者については、表示を訂正、削除するよう指導しています。

「クレジットカードのショッピング枠を現金化」する営業については、以下の点に注意が必要です。
○クレジットカードで購入した商品は、代金が完済されるまでクレジット会社に所有権がある場合が多く、これを勝手に転売すると「横領罪」に問われる場合があります。
○当初から、支払う意思がないのにクレジットカードで商品を購入すると、「詐欺罪」に問われる場合があります。
○業者から、入場券や乗車券、回数券などで具体的な商品の指定を受けて購入すると、業者は、東京都公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例のダフ屋行為、お客もその共犯に問われる場合もあります。
○転売目的での使用がクレジットカード会社の利用規約に反しないか、あらかじめクレジットカード会社に確認してください。
〔警視庁ホームページより〕


現金化業者を使わない裏技体験談はこちら

Appendix

最新コメント

最新トラックバック

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
7420位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
803位
アクセスランキングを見る>>

ランキング

PVランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。