Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裏技!クレジットカードの現金化、体験談

私自身は、いわゆるクレジットカードの現金化専門業者を利用したことはありませんでしたが、
その存在はなんとなく知っていました。

怪しい感じだし、個人情報のことを考えると、自分で利用することなどないと考えていました。


でも、こんなご時勢なので、私もカードのキャッシング枠が一杯で、
しかしどうしても現金が必要という時がありました。


そのとき、たまたまなんですが、
クレジットカードのショッピング枠をネット上だけで簡単に
現金化する方法を口コミ、体験談から見つけ、自分で実際に体験しました。


正直、ネット上だけでカンタンに現金を手にすることが出来て、ほんとーに助かりました!!

この方法は、専門業者は使わず、個人情報やクレジットカードの番号を相手に
知られることもないので、後々面倒なことがない方法だと思います。


ずばりその方法とは、このサイトを使います。


CREATIVE ROOTS
http://shop1.creat-r.com/


「CREATIVE ROOTS ???」と思った方。その気持ちはわかります。


このサイトは、いわゆる著作権フリーの素材を販売しているサイトです。
支払いにはクレジットカードが使用できます。


一体なぜこのサイトで、カードの現金化が出来てしまうのか…


ココは、ナント購入後にキャンセル返金がOKなんです!


普通、ダウンロード販売のサイトは、ダウンロードした商品(データ)が、
簡単にコピーできてしまうので、キャンセル不可なのですが・・・


実はココがミソで、
このサイトでは、キャンセルに対して、一律10%の
キャンセル料を設定しているのです。
これが無いと、止めどなく商品データを無料でダウンロードされ損ですからね。


仕組みを説明すると、

1.ダウンロード商品をクレジットカードで購入する

2.キャンセル申し込みをする

3.キャンセル手数料12%を引いた金額が自分が指定した口座に振り込まれる


私の場合は、114,170円のセット組素材商品を購入。


その後、サイトのキャンセル受付フォームに
自分の銀行口座を指定してキャンセルを申し込みを送信しました。


3日後、指定の口座に、キャンセル料と振込み手数料を引いた
100,050円が振り込まれてきました。

購入額  114,170円

キャンセル料 -13,700円
銀行振込手数料 -420円
--------------------------------------
口座への入金額 100,050円
キャッシュバック率は、87.6%


ただし、振込みには3日程かかるので
今日中に現金が必要!というような、せっぱ詰まった方は
おすすめできません。

やみくもに現金化しても支払いは残るので、最後は自己責任ですが、
どうしても今だけ現金が必要で、かつ返済のめどがきちんとあるという時は、
ネット上だけで簡単で安全な方法だと思います。

クレジットカード現金化の詐欺業者の特徴

クレジットカード現金化の詐欺業者の特徴

詐欺を行うようなクレジットカード現金化業者の特徴として、
まず挙げれるのは、ホームページの作りが安易であることです。

最近は、パソコン用、スマートフォン用、フューチャーフォン(ガラケー)用と
デバイスごとに分けて作られているサイトが多いのですが、
例えばスマートフォン用の簡易なホームページだけしかないような
業者の場合は注意が必要です。

その理由としては、ホームページの作成にお金を掛けていない事です。

違法な詐欺行為などを行っている店では、問題が口コミで評判になったり、
弁護士による評価が下がったとしても、
すぐにショッピング枠のクレジットカード現金化から撤退する方法です。

結局のところ、
駄目になったら違う新たな名前でまた同じことを行うので
最初から手の込んだサイト作りは行いません。


実際はクレジットカード現金化業者の詐欺やクレームは少ない

イメージとしてはクレジットカード現金化というと、ブラックに近いグレーゾーンな
イメージと捉えている方が多いと思います。

それはこのような業種ができた10年以上前から変わりません。

しかし、逆を言えば10年以上も前から変わらずに運営をしている所があるという事です。

法律に違反する詐欺業者であるならば、存在し続ける事は難しいのではないでしょうか。

また最近では、東京、大阪、名古屋、福岡、札幌、仙台などの主要駅に店舗を構えている業者も
いくつか見ることができます。
主要な駅のそばの立地条件で店舗を持って営業しているという事を考えると、
そのようなクレジットカード現金化業者は、
一定のお客様の利用が継続してキープできていることが想定できます。

考え方としては、金券ショップや質屋と同じ様な方法として
ショッピング枠の現金化を捉えている方が多い事が特徴的で、
2ちゃんねるでのクレジットカード現金化の口コミ情報を見て、
危険をある程度理解し、納得して利用しているので、
あまり弁護士を介したクレームがない事の理由の一つです。


危険な詐欺業者はクレジットカード現金化では淘汰され激減している

10年以上の歴史があるにも拘らずクレジットカード現金化業者の逮捕や違法行為などのニュースは、
まったく無いわけではありませんが、非常に少ないのが現状です。

逮捕や違法行為などのニュースの数だけで言えば消費者金融や闇金などと比較すると雲泥の差です。

闇金などの暴力や嫌がらせによる取り立てなども少なくなってきているようですが、
地域によっては未だに無くなってはいません。

それくらいこのジャンルに関しては業界内でも競争が激しく違法行為や詐欺などの口コミが流れてしまうと
すぐに他社にお客様を持っていかれてしまうのです。

特に最近はスマートフォンなどのインターネットの普及と共に口コミ情報などが非常に速く、
それでもお客様を騙すような方法の経営を行う問題のある店舗の悪徳業者は中にはいますが、
これだけ逆風の中お客様に安心感を与え信頼して利用してもらうには一朝一夕では難しく、
今もなお運営をしている所の努力が伺えます。

そのような状況であるため、悪徳業者や詐欺業者が新たに参入する事も難しくなっているため、
以前では悪質な闇金などが業種を変えるというスタンスもありましたが現在ではそれもあまり見られず、
逆にアパレルや雑誌媒体などが違う部署として経営を行っていることもあります。


クレジットカードの現金化とは?

◆クレジットカードの現金化とは?

クレジットカードのご利用限度枠には
キャッシング枠とショッピング枠とに分かれています。

2010年6月18日に施行された改正貸金業法および
改正利息制限法、改正出資法によって、
キャッシング等による融資借入総額が年収の3分の1以内に
制限される総量規制が導入されました。
更に、年収を証明する書類の提出が必要となりました。

これにより、キャッシング枠の限度額は厳しく制限された為に、
キャッシングしたくても出来ない方が増加しました。

このようなキャッシング枠がいっぱいでも、現金が必要な方をターゲットとして、
ショッピング枠を使って現金を渡すビジネスが増えています。

しかし、これは違法な高金利サラ金業者と変わりがなく、注意が必要です。


「クレジットカードショッピング枠現金化」の仕組みは、以下のようになります。

現金化業者は、販売店(ネットショップ)として利用者に対して
ビー玉などのほぼ無価値の商品を「販売」します。

しかし、これには10万円など普通ではありえない高額となっています。

利用者はクレジットカードを使って、その商品を「購入」します。

それだけではただのボッタクリですが、
「キャッシュバック」と称して利用者に対して一定額の現金を渡します。


商品の購入価格に対するここで渡される現金の割合を、
現金化業者は「換金率」と呼んでいます。

だいたい70~95%と、表示されています。

つまり、10万円で商品を購入したら、7万円~9万5000円が、
「キャッシュバック」と称して利用者に現金が渡されます。


利用者はその場で一定額(7万円~9万5000円)の現金が手にできますが、
当然、後日クレジットカード会社からは代金である10万円の請求がきます。

この金額を利用者はカード会社へ支払わなくてはなりません。

カード会社の引き落し(利用者の支払)が完了したら、
その販売代金である10万円は通常のクレジット販売手続きのように、
商品を販売した業者に渡されます。

これで、業者の手元には5000円~3万円の利益が丸々残ります。


利用者の立場から見れば、一旦現金を手にしても後でクレジットカード会社に返済するので、
お金を借りることと何も違いはありません。

そして、違法なほどの高金利です。


ちょっと考えてみましょう。

クレジットカードで購入してから返済日までを1ヶ月と仮定します。

換金率が90%の場合、9万円を手にしても、1ヶ月後には10万円を返さなくてはなりません。
この場合、月利が約10%となりますので、年利換算すると120%という高金利になります!

換金率が70%だった場合は、7万円を手にして1ヶ月後に10万円返済となり、
月利はなんと30%、年利換算では約360%という暴利となります。


しかし、今のところクレジットカード枠現金化は「貸金業」として認定されていないため、
取り締まる法律はありません。


◆政府が貸金業認定を検討へ
このような違法の疑いもあるビジネスについて、
政府は貸金業として認定することを検討し始めています。


クレジットカード現金化業者が貸金業者として認定されれば、
まず開業にあたって登録が義務づけられることになります。

これだけでも乱立することを防ぐことが可能です。

そして貸金業として認定されれば、現在出資法で定められている上限金利である、
20%を超えるような実質金利設定ができなくなります。


普通のキャッシュバックとどう区別するか?

その実現には問題もあることでしょう。

例えば、現在行われているキャッシュバック方式の現金化ビジネスを、
本当に「貸金業」として定義できるのかが問題です。

いずれにしても何らかの対策を打つ必要があります。


クレジットカード現金化の裏技を実際にやってみた

私自身は、いわゆるクレジットカードの現金化専門業者を利用したことはありませんでしたが、
その存在はなんとなく知っていました。

怪しい感じだし、個人情報のことを考えると、自分で利用することなどないと考えていました。


でも、こんなご時勢なので、私もカードのキャッシング枠が一杯で、
しかしどうしても現金が必要という時がありました。


そのとき、たまたまなんですが、
クレジットカードのショッピング枠をネット上だけで簡単に
現金化する方法を口コミ、体験談から見つけ、自分で実際に体験しました。


正直、ネット上だけでカンタンに現金を手にすることが出来て、ほんとーに助かりました!!

この方法は、専門業者は使わず、個人情報やクレジットカードの番号を相手に
知られることもないので、後々面倒なことがない方法だと思います。


ずばりその方法とは、このサイトを使います。


CREATIVE ROOTS クリエイティブ・ルーツ
http://shop.creat-r.com/


「クリエイティブ・ルーツ???」と思った方。その気持ちはわかります。


このサイトは、いわゆる著作権フリーの素材を販売しているサイトです。
支払いにはクレジットカードが使用できます。


一体なぜこのサイトで、カードの現金化が出来てしまうのか…


ココは、ナント購入後にキャンセル返金がOKなんです!


普通、ダウンロード販売のサイトは、ダウンロードした商品(データ)が、
簡単にコピーできてしまうので、キャンセル不可なのですが・・・


実はココがミソで、
このサイトでは、キャンセルに対して、一律10%の
キャンセル料を設定しているのです。
これが無いと、止めどなく商品データを無料でダウンロードされ損ですからね。


仕組みを説明すると、

1.ダウンロード商品をクレジットカードで購入する

2.キャンセル申し込みをする

3.キャンセル手数料12%を引いた金額が自分が指定した口座に振り込まれる


私の場合は、114,170円のセット組素材商品を購入。


その後、サイトのキャンセル受付フォームに
自分の銀行口座を指定してキャンセルを申し込みを送信しました。


3日後、指定の口座に、キャンセル料と振込み手数料を引いた
100,050円が振り込まれてきました。

購入額  114,170円

キャンセル料 -13,700円
銀行振込手数料 -420円
--------------------------------------
口座への入金額 100,050円
キャッシュバック率は、87.6%


ただし、振込みには3日程かかるので
今日中に現金が必要!というような、せっぱ詰まった方は
おすすめできません。

やみくもに現金化しても支払いは残るので、最後は自己責任ですが、
どうしても今だけ現金が必要で、かつ返済のめどがきちんとあるという時は、
ネット上だけで簡単で安全な方法だと思います。

知っておくと得する還元率の仕組み・裏技

ここでは現金化をするにあたり、知っておくと得する還元率の仕組みについてご紹介しましょう。


ここでいう還元率とはショッピング枠を現金化する際のキャッシュバック率を指します。

クレジットカードのキャッシング枠を使い切ってしまった方、
もしくはカードにキャッシング枠が設けられていない方がいませんか?

そのような方でもクレジットカードを現金に換えることが出来る方法があるのです。


簡単に言えば、カードのショッピング枠を使って買い物をするだけのことなのですが、
その商品をキャンセルすることで現金が手元に戻ってくる仕組みを上手く利用した方法です。


どれほどの金額の商品を購入するかで還元率も違ってきます。

この仕組みだけ聞くと、このような専門業者を通さなくても例えば国際線のビジネスクラスの航空券を買ってキャンセルしても、
現金は戻ってくるのではとお考えの方もいらっしゃるでしょう。

しかし、これでは航空券の取り消し手数料が発生しますし、
自分でキャンセル手続きをしなければならないのも面倒ですよね。

しかし、専門業者を仲介することによりその煩わしさもなく、
業者が提示する還元率も大損してしまうというほど低くはありません。


還元率1%の違いは、100万円を現金化するときには1万円の差になるわけですから侮ってはいけません。

しかし、残念な話ですが還元率が高い業者が良心的な業者というわけではありませんので、
業者を選ぶときにはしっかり下調べをすることをお勧めします。

一般的に「還元率90%!」と記載している現金化即日業者サイトは怪しいといわれています。
後から手数料だの送料だのと細かな請求をしてくるケースが後を絶たないそうです。

Appendix

最新コメント

最新トラックバック

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
6895位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
668位
アクセスランキングを見る>>

ランキング

PVランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。